自然エネルギー

太陽光発電システム

太陽光発電は地球にも利用者にもメリットがあります。

日本全国で安定した発電電力量が見込めます。

試算条件:PV-MG134CF×75枚=10.05kWシステム。方位:真南、傾斜角:30°でシミュレーション。
●新エネルギー産業技術総合開発機構/(財)日本気象協会「日射関連データの作成調査」(平成10年3月)の日射量データを用いて算出しております。
●システムの大きさは太陽電池容量で表します。太陽電池容量はJIS規格に基づいて、算出された太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値です。実使用時の出力は、日射の強さ・試算条件(方位・角度・周辺環境)、地域差及び温度条件により異なります。瞬時発電電力は最大でも次の損失により、太陽電池容量の70~80%程度になります。

太陽電池損失(素子温度上昇による損失):
12~2月…10%[12%]
3~5月/9~11月…15%[17%]
6~8月…20%[22%]
[ ]は屋根材型の場合
パワーコンディショナ損失:6.0%
その他損失(受光面の汚れ・配線・回路ロスなど):7%

<グリーン購入法>適合商品にも選定されました。

グリーン購入法は、国や自治体、民間それぞれに対し、環境負荷の少ない製品の調達を促進するために制定。太陽光発電もその対象商品となり、ますますの普及が期待されています。
●三菱太陽光発電システムは、グリーン購入法適合商品です。

■連系形(逆潮流あり)

現在最も一般的なシステム。住宅、店舗、事務所、学校、公共施設などに幅広く設置されています。

太陽光発電システムで発電した電力を負荷に供給すると共に、余剰電力は電力会社の系統に逆潮流させます(売電)。また発電電力量不足の場合は、従来通り電力会社からの系統から供給を受けます。


■連系形(逆潮流なし)

常時、太陽光発電システムで発電した電力より負荷の方が大きい場合などのシステムです。

太陽光発電システムで発電した電力は、負荷に供給するのみ。余剰電力が発生する場合は、電力会社の系統に逆潮流させないように保護継電器の設置が必要となります。


■連系/自立切替形

防災用として設置されることが多いシステムです。

電力会社の系統の停電時などに系統側と切り離し、太陽光発電システムで発電した電力を特定負荷に供給。また、蓄電池と組み合わせることで安定した電力供給が行えます。


■独立形

商用電力系統のない無電化地域などの電源システムとして設置されています。

電力会社の系統と連系せず、太陽光発電システムで発電した電力のみを負荷に供給。安定した電力供給のため、蓄電池と組み合わせる必要があります。