ヒートポンプ式ロードヒーティング

空気の力で雪を融かす

■省エネ!高効率!ヒートポンプ方式採用

空気の持っている熱エネルギーを、電気の力を使って吸収し圧縮。
圧縮され高温になった熱エネルギーで雪を融かします。
燃焼系ボイラーと比較すると、ランニングコストとCO2排出量が削減され、融雪スピードよりも省エネ性を優先した製品です。

知れば納得、ヒートポンプのよさ。

空気のエネルギーで雪が融けるわけとは?

どんなに寒いときでも、空気は熱エネルギーを持っています。 この熱エネルギーを取り込んで温水まで運ぶのがフロンです。 ヒートポンプは、電力の力でこのフロンを循環させるだけなので、灯油などを燃焼させたり電気ヒーターで熱エネルギーを得るより、効率よく熱エネルギーを得ることが出来ます。